他とは違うね、
ジェネシス。

今まで見てきたシステムとは違う。GENESISSに触れたとき、多くの人がそう言います。複雑で使いこなせないものではなく、革新的にシンプルで使いやすく、使えば使うほど、柔軟にあなたの業務にフィットする。
そんなGENESISSの”個性”があなたの生産管理のレベルと効率を一層アップさせます。

IT導入補助金対象サービス

「GENESISS(ジェネシス)」は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」の対象サービスになりました。この制度を活用してGENESISSを導入した事業者は最大100万円の補助が受けられます。
IT導入補助金について>>>

SMOOTH

現場に違和感なく浸透。

GENESISSはみんなが違和感なく使えるよう進化しました。ネーム・スイッチャーで画面や表示項目の名称をワンクリックで変更。フィールドクリエイターで自社専用の項目を好きな場所に作成。レポートクリエイターで美しい帳票も幾つでもつくれます。GENESISSはかつてなく柔軟なのであなたの業務に、現場にスムーズにフィットします。より多くのことを短時間でおこなえるようになるでしょう。

SIMPLE&VARIETY

使いやすくシンプルに、でも多彩。

GENESISSは全世界300以上のオブザーバー企業のフィードバックにより実用的で、最先端の機能が追加されます。それらはシンプルに組み込まれるので一段と使いやすく、優れたGENESISSを生み出します。ユーザーの生産性を上げる機能を一部紹介します。

高速ハイブリッドMRP

得意先からの内示受注情報と確定受注情報をタイミング良く、工程、仕入先、外製先毎に振り分けオーダーを自動生成する「ハイブリッドMRPエンジン」を標準搭載。 在庫情報、オーダー残情報、安全在庫情報、構成情報(製番・MRP対応)をチェック。驚くほど高速に、そしてスムーズに展開します。それもわずかワンクリックで。

原価情報がよく分かる

生産管理システムのゴールのひとつは原価管理です。GENESISSは品目ごとの原価を把握できるだけでなく、受注毎に掛かる原材料や工賃などを積み上げ、受注(プロジェクト)毎の原価や利益を簡単にレポートできます。原価管理が一段とシンプルになるでしょう。

製造指示書も自由自在

GENESISSにはすぐに使える製造指示書があります。さらに「レポートクリエイター」を使えば、誰もが簡単に自社専用の製造指示書を作成できます。使い慣れたExcelで編集できるので、変更も追加も快適に行えます。

工程がよく見えます

個別受注生産や繰り返し生産では、工程進捗情報がとても重要です。GENESISSなら、インターネットに接続されるPCやタブレットからすぐに進捗情報をチェックできます。どの部署からも最新の工程情報を共有できるので、順調なのか、少し遅れているのか、見逃してしまうことはないでしょう。

経営ダッシュボード

GENESISSのビジネスインテリジェンス機能「コンパス」、集計機能「クロスマジック」を使えば、在庫、製造、販売、購買、原価などのあらゆるデータを自在にレポーティングできます。あなたの会社に必要な集計パターンを作成、保存し、共有できます。

サプライチェーンも手軽

得意先や仕入先との情報共有はもうここまできています。GENESISSが提供する「シンプルEDI」を使えば、わずかな利用料金で、得意先から受注情報をダイレクトに登録、仕入先や協力会社へ発注情報、納品情報を共有できます。インターネットに繋げるだけです。

USER’S VOICE

導入企業へのインタビュー

7カ国・9つの拠点を持つグローバルメーカーが「GENESISS」を選んだ理由。クラウド導入のメリット。GENESISSを使って通常、数千万円の費用を年間数十万円にコスト圧縮した事例が経営者通信Onlineで紹介されています。

COST DOWN

ITコストを最適化。

ITシステムの運用にはハードウェアの購入費、セットアップ費、カスタマイズ費、ランニングコスト等、高額な投資が必要でした。GENESISSなら、わずかな月々の支払いのみで、高度なITシステムを運用できます。ITコストを最適化して、一段と本業に集中できるでしょう。

  • ユーザー数
  • 社内SNS
  • 販売管理
  • 購買管理
  • 在庫管理
  • 生産管理
  • 原価管理
  • 経営分析
  • データセンター保守
  • プログラムアップデート
  • 定期バックアップ
RUNNING

あらゆる業種のものづくりがGENESISSで進行中。

GENESISSは先進的なフレームワークによって汎用的に構築されていますそのため、特定の業種だけでなく、幅広い業種、業態に導入することができます。現在、あらゆる業種のものづくりがGENESISSで行われています。あなたの業種もその一つかもしれません。

他とは違うGENESISSを
体験できます。

イーコモードでは、GENESISSの先進的なテクノロジーと柔軟なフレームワークを体感できる、デモセミナを無料で行っています。ショールームかあなたのオフィスでGENESISSを実際に操作できます。様々な質問にもお答えします。

株式会社 イー・コモード

TOKYO: 東京都渋谷区南平台町7-9 DEN FLAT 南平台 2F
OSAKA: 大阪府吹田市豊津町1-18 エクラート江坂ビル 5F
NAGOYA: 愛知県名古屋市東区泉1-21-27 泉ファーストスクエアビル 5F
お問合せ>>
個人情報に関して>>
会社概要>>

19000738_02_75_JP

生産管理とは

販売計画や受注に応じて立案した製造計画に基づき、サプライヤーへ発注、材料の受入れ、組み立て、加工などの工程を管理します。納期までに納品できるよう、各工程が計画どおり進んでいるのか把握します。急な受注増が発生した場合は計画を柔軟に組みなおすことも重要です。生産管理の中には、受注生産と繰り返し生産の2つの管理体系があるため、それぞれに応じた管理が必要です。繰り返し生産の場合、とりわけ資材調達の難易度が上がりシステム化が必要になるでしょう。システムには、各製品や部材の製造リードタイムや調達リードタイムを加味したさらに高度な調達計画を自動的に行うMRP(資材所要量計画)も含まれます。

生産管理はなぜ必要か

生産管理がうまく機能しないと、購買・製造などの部門が連携せず、不必要な調達を行ったりするため、在庫が山のように積み上がってしまったり、在庫切れが発生したりします。また各オーダーの進捗をきちんと把握していないと、次の工程に支障がでるかもしれません。生産管理をきちんとしていれば、適切な資材調達や製造工程への適切な指示ができるため、作業の無駄がなくなります。経営を圧迫することを防ぐこともできますので、生産管理をきちんとすることは重要です。中には生産管理部門が存在しない会社もありますが、ものつくりを行う企業であるなら、生産管理部門か、それ同等の部門をもつのは大きな助けになることでしょう。そうすることで社内スタッフの関係も比較的穏やかな関係を保つことが可能になることも多いようです。

クラウドとは

クラウドコンピューティングの略称です。データやアプリケーションをパソコンや社内サーバーではなく、ネットワークでつなげたクラウド上に保存します。クラウドという言葉が使われるようになったのは、もともとインターネット環境を表現するときに、よく雲のイラストが用いられてきたことも影響しているようです。難しい印象がありますが、webメールもクラウドサービスの一つです。クラウドという言葉は、インターネットやそれらを活用したアプリケーション、サービス等も含む総称といえます。

クラウド型生産管理システムのメリット

クラウド型生産管理システムは、従来のクライアントサーバー型と異なり、自社内にサーバーを設置する必要がありません。クラウド環境で運用するシステムのため、高額な初期投資を必要とせず、面倒なメンテナンスからも解放されます。そのため、クラウド型生産管理システムには、コスト面とリソース面で大きなメリットがあります。2008年頃までは、生産管理システムはクラウドに向かない。という意見もありました。しかし、機能のニーズの変化や、コスト意識の変化。クラウド環境の定着。クラウド上で表現できるシステムの表現力向上により、2012年頃から徐々に日本国内でも認知され、最近は生産管理システムもクラウドベースを選択したい。という企業が急速に増加しています。

クラウド型生産管理システムのデメリット

クラウド型生産管理システムは、初期投資を抑えることができます。しかし、毎月定額で利用料が発生します。そのため、継続して利用する場合、通常のシステムと金額差があまりなくなるというケースもあります。しかし、長い目で見れば、通常のクラサバ型システムが5〜7年でリプレイスを必要とするため、結局はクラウド型生産管理システムの方が底コストで運用していることになります。他には、クラウド型生産管理システムは、システムメンテナンスの必要がないため、情報システム部門の仕事が少なくなります。そのため、情報システム部門のメンバーは別の仕事を探す必要が生じるかもしれません。

システム導入を成功させるには

システム導入を成功させるためには、
・導入の目的を見失わないこと
・強いリーダシップ
・システム化する業務を明確にする
ことが重要です。
個別の担当者は自分の仕事の最適化を最優先しがちです。そのような担当者の意見をすべて取り入れてしまうと、目的が見失われ、システム導入はいずれ破綻します。成功への鍵は、導入の目的を明確に定め、システムに載せるべき管理業務と、個別に管理する業務の振り分けをすることです。その後、自社の業務にフィットするパッケージシステムを選定し、それをベースに構築するのがよいでしょう。パッケージシステムはノウハウそのものとも言えます。導入することでそのノウハウを吸収し、業務の効率化につながります。